不動産の知識を身に付けられる宅建|独学なら自分のペースで勉強可能

女の人

スキルアップのために

背広の人達

社会人として油の乗り切った時期に当たる30代から40代、総合的な知識や専門的な知識を資格受験を通じて学ぶことでスキルアップをすることができます。さまざまなビジネスシーンで有効な実践的な知識や将来役員クラスを目指す人にも役立つ知識を学ぶことができます。

保育施設への就職のため

保育士

保育士の募集数は増えているので、多くの人が資格取得を希望するようになっています。取得の最短コースは、養成課程のある大学や短期大学に通うこととなっています。保育士試験に合格することでも取得できますが、保育施設で働きながら受験勉強をする必要があり、合格率は低めです。そのため通学を選択する人が多いのです。

保育のプロになる方法

大学生

保育士には指定された養成施設を卒業する方法と、保育士試験に合格する方法という2つの資格取得法があります。養成施設には全国の短大・大学・専門学校があります。資格試験の方は原則短大・保育系専門学校卒業以上であれば誰でも受験できます。

仕事や私生活で役立つ知識

家の模型

仕事でも私生活でも役立つ

宅建を独学する人が多いのは、不動産についての知識を身につけることが実生活に役に立つためです。不動産関係の仕事に就いてる人なら、宅建の勉強を通じて学んだことを仕事で活かすことができるとともに、自身のキャリアアップにつなげることもできます。また、自分が借りるために賃貸マンションやアパートを探すときにも、宅建を独学した経験が役に立つ場面が数多くあるはずです。将来、マイホームを建てたいという夢がある人にとっても、建築基準法や税金、住宅ローンのことまで不動産についての総合的な知識が得られる宅建の勉強をしておくことはたいへん重要になります。独学なら、思いついたとき、興味を持ったときにすぐに始められるのも人気の秘密です。

新聞の関連ニュースを読む

宅建を独学する場合には、法律をはじめとする制度の改正にはくれぐれも注意を払うようにしましょう。というのは、関連する法律が改正されると、テキストに記載されていた内容がいつの間にか古い情報となってしまう可能性があるためです。そのために、テレビや新聞で建築基準法や宅建法、所得税法などの関連する法案が改正されたニュースを見かけたら、必ず目を通すようにしましょう。また、マスコミで特定の不動産取引が社会問題として取り上げられたり、新しい耐震建築法が開発されたなどの関連するトピックにも積極的に関心をもつようにすることが大切です。独学で学んだ内容と実生活で学んだ知識とをリンクさせることで、より理解を深めることができます。